最近は仕事が忙しくて深夜ばかり。趣味で動く頭装備を集めてたりもします^^
    スポンサーサイト

    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

    閑話休題27

    2011-09-10 Sat 21:02
    前回に続き、今日は高山~白川郷の2回目を書きたいと思います。
    ★Jun★です。こんにちは。

    初日は遊び疲れて早く寝過ぎたせいか、2日目はよもやの6時起き。
    少し天気が心配でしたが、朝食までゴロゴロしてるのもなんしたので、お散歩がてら高山名物の朝市に出掛けてみましたヾ(。・ω・)ノ
    陣屋朝市
    やっぱり朝の空気は気持ちが良いですね!
    不純物が少ないのか、普段吸っている空気とは明らかに透明感が違うような気がします。
    表現が下手ですいませんが、空気を吸う度に身体の中の汚れが薄まっていく感じ?

    そして肝心の朝市はと言いますと、陣屋前、宮川ともに出店数も多く値段も安め。
    食べ物以外の物も売っておりますので、これならココでお土産物を探してみるのも良いかも知れません。
    なによりこういう所って、掘り出し物が見つかりそうな気がして楽しいですよね。
    ちなみに子供が持っているのはトウモロコシなんですけど、値段はなんと1本100円。
    奥さんはここぞとばかりに、かぶら漬を3袋も購入しておりました。
    (注)高山の朝市は陣屋前と宮川の2ヶ所でやってます。

    そして朝のお散歩もほどほどに、朝食を済ませた後は『飛騨の里』を見学。
    飛騨の里①
    飛騨の里②
    こういう風景って心が和みますね(^^*)
    曇り空でしたが、かえってそれがなんとも言えない情緒を醸し出しております。

    こちらは『昔の遊びを体験してみようコーナー?』で貰ったおがくず粘土で作ったなにか。
    なにこれ?
    右はネコ?左はトンガリ具合からいって、土の中に潜る生き物か何かなんでしょうか(・・?)
    聞くところによると、どうやらコイツがモデルらしいのですが、今度本人に感想でも聞いてみたいと思います。

    寛いでますね~!(*´ー`)
    ゴロゴロ
    写真ではわかりづらいかもしれませんが、後ろの囲炉裏では実際に火が焚かれており、邸内にはなんとも言えない懐かしい空気が漂っております。
    こんなところでニジマスでも焼いて食べたら、さぞかし美味しいんでしょうね。
    次回をここを訪れる事が有りましたら、忘れずに持参したいと思います。
    (当たり前ですが、そんな事はもちろん禁止です。)

    尚この『飛騨の里』、名前の通り飛騨を満喫するには持ってこいの場所だと思いますので、高山に行かれた際は是非1度訪れてみてはいかがでしょうか。
    昔ながらの遊び道具(竹馬等)やスタンプラリーも有りますので、ご家族連れでもそれなりに楽しめるのではないかと思います。

    この後、『飛騨の里』の向いにある『思い出体験館』で奥さんがうちわを作成。
    センスが問われます
    木のうちわに好みの柄を着色していくんですけど、親戚の子供に上げるんだとか。
    良いですよね、こういう記念になるお土産って。
    ただ6歳の子に木で出来たうちわって、ちょっと渋すぎるような気もしますけど、どうなんでしょ?^^;

    そしてちょっと遅めの昼食をとった後は、いよいよ白川郷へ移動。
    まず始めに私たちが目指したのは、『合掌造り民家園』という所なんですけど、ココではなんと見覚えの有るあの方が出迎えてくれます。
    合掌造り民家園

    ニョキニョキ!Σ(・oノ)ノ
    天下大将軍
    全国各地から目撃報告が相次いでおりますが、いったいなんなんですかね、コイツって。
    いつも入口付近に生えているところをみると、その土地の守り神が何かなんでしょうか。
    ちなみに道の反対側には『地下女将軍』というのも生えておりました。

    そして中に入ると、さすがは白川郷でも1番の合掌造りの密集地。
    合掌造り①
    合掌造り④
    合掌造り⑤
    今までTVや雑誌でしか見た事が無かった合掌造りの家が、ココだけでも大小合わせて7~8軒も軒を連ねております。

    こちらは家の中からの1枚。
    合掌造り②
    こんな風景を眺めながら暮らす生活、想像しただけでもヨダレが垂れてきそうですヾ( ´¬`)ノ

    私が住んでいる世界と同じ世界とは、とても思えませんね。
    合掌造り③
    こちらは奥さんが撮ったものなんですけど、部屋に飾りたいくらいお気に入りの1枚です。

    そしてこちらに来て3日目、ついに私が探し求めていた風景に遭遇ヾ(*・∀・)ノ
    白川郷
    見て下さい、この素晴らしい風景をヽ(・∀・)ノ
    これを前にしたら、車で登って来れる事を知らずに、わざわざ山道を歩いて登って来た時の疲れなんて、それこそ一発で吹き飛んでしまいます。
    本当に素晴らしいところですね、白川郷って。
    雪の多い地域ですし、この町並みを維持するのは大変だとは思いますが、見る人に感動を与えるこの素晴らしい風景を、是非とも後世にも伝えて頂きたいと思います。

    こちらはその中の1軒、白川郷を代表する民家の『和田家』。
    和田家
    説明書きによると、江戸期に名主や役人などを努めた事も有る名家とだけあって、なんでもその規模は白川郷の民家しては最大級なんだとか。
    こちらと比べたら、我が家なんてまるでおもちゃ。
    名家とウチを比べる事自体が、そもそも間違ってるんですけど。

    合掌造りって2階や3階が有る事をご存知ですか?
    和田家2F
    上に行くほど狭くなっていくんですけど、それでも2階はご覧の通りの広さ。
    歴史を感じさせる滑らかなツヤの有る床に、思わず寝転がりたくなってきます。

    こちらはその『和田家』に負けず劣らずの重厚感を誇る『神田家』。
    神田家
    こちらのお宅は宮大工の手によって、なんと10年もの歳月をかけて建てられたそうです。
    家1軒に10年って、なんだか途方もない話ですね。
    この話だけでも、当時の『神田家』の財力を推して知る事が出来ます。

    こちらは集落内に有る『明善寺』というお寺。
    明善寺
    白川郷⑥
    若々しい緑の中に、その息吹を200回以上も見続けてきた合掌造り。
    あまりの美しさに言葉もございませんヽ(*´∀`)ノ
    ちなみにこのお寺の庫裡は5階建てで、合掌造りの建物としては集落最大との事。
    中は郷土資料館のようになっており、窓からの見晴らしも絶景ですので、『和田家』や『神田家』同様に、こちらもオススメのスポットでございます。

    そして楽しい時は過ぎるので早いもので、今回の旅行はココで終了。
    この後は奥さんの実家で1泊して、仕事の都合で私だけ先に帰宅する事となりました。
    毎年夏休みは御前崎が恒例にだったんですけど、たまにはこういうのも良いもんですね。
    目にするものすべてが綺麗で、今回の旅行は私にとってはまさに感動の連続\(^ ^)/
    繰り返しにはなりますが、この素晴らしい遺産が後世に引き継がれていく事を心より祈りたいと思います。

    ブログランキングの投票です。現在奥さんと次なる世界遺産巡りを計画中でございます。
    FC2ブログランキング

    別窓 | 閑話休題 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

    <<セージが良い感じですヾ(*・∀・)/ | ☆Fantasia☆ in RagnarokOnline | 閑話休題26>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     
     
     
     
     
     
      管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    トラックバックURL


    FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
    | ☆Fantasia☆ in RagnarokOnline |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。